IPHONE・ANDROIDでQRコードを最速で読み取る方法 アプリ不要でLINE登録・決済にも

登録方法ダウンロードルが不要 - 473995

そこで、今後QRコード決済の普及など日常のなかでQRコードの利用が増える可能性も考え、できるだけ少ない手順でサッと情報にアクセスできるよう、 QRコードを最速で読み取る方法 を紹介する。

ドメイン指定解除の方法(2018年12月現在)

スマホでQRコードを読み取るには、専用のQRコードリーダーアプリが必要だと思ってはいないでしょうか? 実は専用アプリをダウンロードしなくても、いつも使っているカメラやアプリでサッと読み取ることができるんです。 「QRコードを簡単に読み取る」方法を、Android・iPhoneそれぞれで解説。またスマホ画面上に映ったQRコードを読み取る方法や、無料アプリを使ったお得な利用方法もあわせて網羅しているので要チェックです。 Androidでは年頃より発売された機種(Google Pixel 3、Galaxy S9 SCKなど)であれば、標準カメラでQRコードを認識してくれます。 使い方は標準カメラを起動して、撮影画面にQRコードを収めるだけ。 するとQRコードに格納されたURLが記載されたボタンが表示されるので、それをタップすればアクセスできます。 またURL以外にも、テキスト、地図、連絡先、メールアドレス等さまざまなタイプのQRコードに対応しています。 標準カメラがQRコードの読み取りに対応していない機種でも、『Google レンズ』で代用可能。 『Google レンズ』は『Google アシスタント』から起動できるほか、単体アプリとしても配信されています。 『Google アシスタント』の起動方法は、スマホに「OK Google」と呼びかけるか、直接アプリアイコンをタップ。あとは『Google レンズ』のボタンをタップするだけです。 連絡手段として今やなくてはならない『LINE』。友だち追加の際に使うQRコードリーダーがありますが、実は普通のQRコードの読み取りにも使えるんです。 「ホーム」タブ右上のボタンから「友だち追加」へ行き、「QRコード」を選択 すればQRコードリーダーが起動します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*