「ジャックポット」の記事一覧

プログレッシブジャックポット今日のカジノドレスコ - 292164

ラスベガスのカジノは、21歳から利用できます。 カジノのドレスコードはありませんが、ハイローラー(賭け金が高額な上客)が多いホテルでは、おしゃれな服装を心がけたほうが良いでしょう。カジノは入場無料で、24時間営業です。

そもそもジャックポットの意味とは?

カジノは世界の各地で楽しむ事ができますが、その国や地域によってルールやマナーが設けられている点に注意が必要です。 その中でもやはり気を付けておきたい部分が「ドレスコード」でしょう。 そこで各地の会場で注意するべきポイントや、ドレスコードの特徴などを紹介していきますので事前に確認しておきましょう。 まずそれぞれの会場によってコンセプトの方針などがありますので、国によって異なる点がポイントとなります。 カジノと言えばフォーマルな衣装に身を包んで、ゴージャスな雰囲気の中で行われるといったイメージが強いかもしれませんが、実は意外とラフな格好でも問題ない会場が存在しています。 その中の代表的な地域がマカオとなっており、この地域では庶民的な娯楽の1つというコンセプトとしていますので、どんな格好で訪れても特に問題はありません。 例えばTシャツやタンクトップにジーパンでサンダルなどといったラフな普段着でも楽しめますので、気軽に来場する事ができる点が魅力です。 またマカオと同様ドレスコードの規定が少ないのが北アメリカとなっていますが、マカオ程のカジュアル感は認められない事もあるので注意しましょう。 男性ならタンクトップやサンダルなどはできるだけ避けて、袖のあるシャツや一般的なスニーカーなどが望ましいです。 マカオ程ではありませんが、この北アメリカもある程度カジュアルな衣装でも大丈夫な地域と言えるでしょう。 そしてアルゼンチンやペルーなどの南アメリカや、エジプトやケニアなどのアフリカにもカジノは人気となっています。 これらの会場に共通する部分はどちらもスマートカジュアルな衣装が求められる点です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*