キャンセレーション法で$100をコツコツ増やしてみた

カジノジャンボリールーレットの勝率アップ - 67669

こんにちは!ベスカジ編集部の華麗夏恋です。 今回は、 カジノジャンボリーのルーレット について紹介していきます。

マーチンゲール法で攻略できるゲーム

ルールは至って簡単。 基本は「シングル0」のヨーロピアンタイプのルーレット。 【赤・黒】や【偶数・奇数】のようなアウトサイドベットは、通常のルーレットと変わりません。 ライトニングルーレットではベットが終わりホイールが回転しているタイミングで、ディーラーがレバーを下すと稲妻のような光が発生して、いくつかの数字が選ばれます。 その数字がヒットすれば50倍からなんと最大倍の払い戻しを受ける事が可能! 普通のストレートアップでの配当は30倍(一般的なルーレットでは36倍)と低くなっていますが、高倍率の配当を得られる可能性を残すためにも ストレートアップでの勝利を狙う 事に意味があります。 このゲームを楽しむのに最適なベット方法を試行錯誤した結果、ネイバーベットを試してみる事にしました。 ネイバーベットとはホイールの一定の区画にベットする賭け方です。 例えば【0】を中心にその両サイド2つの数字【3】【26】【0】【32】【15】の5か所といった感じでベットし、狙った数字の周辺にヒットする事を狙うわけです。 4分割するのがネイバーベットの基本ですが、今回は応用として区画を変更してみます。 ベット時も上の画面のように自動でチップを配置してくれますので配置も簡単。 ベットする枠を多くすればもちろん当たる確率は上がりますが、比例して出資額も多くなりますから良いバランスを見つけなければいけません。 ライトニングルーレットなら【倍】の配当という可能性もあり、出費が多くなったとしても一発逆転のチャンスがある! が、当たらない…。 ライトニングナンバーはおろか、普通の当たりさえ来ません。 過去回の出目のグラフを参考に多く出ているエリアを選んだり、逆にあまり出ていないエリアにしてみたりと、いろいろなパターンを試してみましたが…。 とにかく全く当てられないのではどうにもなりません!

オンラインカジノランキング

アメリカンルーレットは、インサイドレイアウトに 1~36の36個の整数と"0"と"00" を加えて合計38個の数字で成り立っているものです。 ラスベガスやマカオのカジノでよく使われています。

マーチンゲール法とは

各種マネーシステムを使用するときに最も障害となるのはゲームのベットリミットです。 あまりに連敗が続いてしまうと、たとえ豊富な資金を持っていてもゲームのベットリミット上限に引っ掛かってしまい、システムを継続させることができなくなるからです。 よって、あらかじめ、ある程度の連敗が続いた時点でベットシステムをスタートさせたいと思っている人もいることでしょう。 そんな時に使える機能がこの 空回し free spin です。 空回しとは チップを置かずにルーレットを回転させること です。 オンラインカジノにも空回しが使えるルーレットは存在します。空回しで出目の履歴を付けておいて、自分好みのパターンが出たときに実際にチップを賭けてスタートすることができるのです。 また、空回しで どのタイミングでスピンをスタートさせたら、玉がどこに落ちていく傾向性があるかを見ることもできます。 傾向性を把握したら出目の予想がつきやすくなるので、自身が思う箇所に賭けていくと当たりやすくなる効果があるわけです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*