江原ランドが金曜正午からカジノ営業を再開

ラスベガス編ランドカジノ - 722216

マンダレイ・ベイ・リゾートコンプレックス内のオールスイートタイプホテル、デラーノの最上階64階に位置。隣接するアラン・デュカス監修のリベア・レストランから軽食やデザートもオーダーできる。芝居がはねた後にぜひ。 delanolasvegas。

カジノといえば、真っ先に思い浮かぶのはこの町

同カジノが初めてその扉を閉めた2月23日から11週間後の予備的な営業再開は、予想よりも3日早く訪れた。同社は以前、休業を少なくとも次の月曜である5月11日まで続けると発表していた。韓国証券取引所への木曜の報告書の中で、江原ランドは、年の日々の平均カジノ売上を元にすると、営業停止期間中の損失額は合計2,億ウォン 約億円 に上ると予想していると述べた。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。

ラスベガス編ランドカジノ - 561664

Related posts

前回に引き続き、大阪ダブル選挙に伴い大阪へのカジノ誘致がどうなるかをウォッチしていきたいと思います。前回は、小西氏が共産党系の支援を受ける場合、カジノ反対が前提条件の共産党の支援を受ければカジノは進みにくくなるのでは?と […]。 統一地方選とカジノは重要な関係があります。去年の一足早かった沖縄県知事選では、カジノ誘致に反対の立場をとる玉城デニー新知事が誕生したことにより、沖縄へのカジノ誘致はかなり可能性として薄くなりましたね。 今回は日本では真反 […]。 大阪へのカジノ誘致が現実味を帯びる中、維新の会の松井大阪府知事と吉村大阪市長の両者が同時に辞職し、今回の統一地方選挙に挑む格好となりました。 当サイトとしては、カジノ誘致の最有力候補だった大阪が、この選挙の結果によっては […]。 シンガポールに構えるマリーナ・ベイ・サンズなど大規模なIR構想を実現させたことで有名である米ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)の創業者「シェルドン・アデルソン 85 」が昨年12月より出勤していないこと […]。

きた道アメリカ、オモテウラ

カジノの街・ラスベガス  世界各国からの駐在員が暮らすワシントンD。 物価の高いアメリカだが、セールやプロモーションは桁違いのスケールになることがしばしばある。  さて、ホテル内を駐車場からフロントまで歩くには、カジノを抜けていかねばならない。小さな娘を連れてカジノの脇を歩くのは嫌だなぁ、と思うのだが、他にルートはないし、皆そうしているので仕方がない。お隣カナダでは、ゾーニングがはっきりしていてカジノ・エリアに入るには写真付き身分証明証を見せねばならなかったのだが。  ホテルに荷物を置いて、併設されたショッピング・モールを歩いてみる。お台場のような、いつか見た景色だ。シアターではセリーヌ・ディオンのショーをやっていたが、チケットは高額だ。これならワシントンに帰ってから、好きなアーティストのコンサートをチェックした方が良さそうだ。  賑わうラスベガスの街を歩いてみる。さすがにホリデー・シーズン、人で溢れかえっている。数日後に控えたマルーン5のコンサートの巨大広告を通り過ぎると、有名なベラージオの噴水ショーに出くわす。これもマカオで観た。10年近く前の当時は物珍しくて、携帯電話で動画を撮ったのでよく覚えている。やはりデジャブだ。  やれやれと思っていると、横を日本ではおなじみの広告トラックが通過する。露出度の高い女性たちが目に飛び込んでくる、性的な広告だ。アメリカの他の場所ではまずお目にかかることはないものだ。子連れの私たちは、さらにやれやれといったところだ。  その後もどこかで見たようなフェイクの建物や、アメリカではおなじみすぎて何の目新しさもないハードロックカジノを横目に見ながら、ミニ自由の女神像のあるニューヨーク・ニューヨークで夕食を食べることにした。 中に入ると日本でも見たことがあるような室内テーマパークといった内装で、これもまたデジャブだ。久しぶりに都会に出て食べた和食と、さすがラスベガス! と思わせる素晴らしい接客は満足のいくものであったが。  「なんだかワールドクラスの超豪華バブル観光地だなぁ……」そんなことを思いながら、再び噴水ショーを通り過ぎるラスベガス・ストリップの帰り道であった。 哀しみのラスベガス  翌朝、私たちは身支度を整えて早々にチェックアウトして、街の南側に向かった。ほどなく、マンダレン・ベイ・リゾートと向かいの野外イベント会場が見えてくる。年に58名が死亡、名が負傷した米国史上最悪の銃乱射事件の現場だ。このホテルの窓から野外ライブ会場に向けて犯人は銃を乱射し、自らも命を絶った。イベント会場の周りも一周してみたが、今や花を手向ける人もなく、知らずに通ったらそのような惨劇があった場所だとは誰もわからない。 連載一覧 読み切り イベント・フェア プレスリリース。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*