【1スピンの戦い】東京を舞台にしたスロット「WILD CHASE TOKYO GO」で王者を目指せ!

徹底分析ワイルドチェイス東京ゴースロット - 793795

ベースは『 ロックマンエグゼ6 』。前作のデューオの危機から1か月後。並行世界 ビヨンダード より突如現れた巨大電脳獣、 グレイガ と ファルザー は、互いに ゾアノロイド と呼ばれる自律ナビを率い、次元を越えて抗争を繰り広げる。平和を脅かすグレイガ軍、ファルザー軍に立ち向かう熱斗とロックマンたち。しかし、彼らと共に現れた赤ん坊ナビ トリル と出会ったロックマンに、恐るべき「獣化」の力が宿る。

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

主役となる仮面ライダードライブは 自動車 がモチーフとして設定され、シリーズで初めて バイク ではなく自動車を運転するライダーとなっている [注釈 2] [3] 。ストーリー面では 刑事ドラマ の要素が取り入れられており、味方側の登場人物の大半は 警視庁 所属の人物で固められている [3] [4] 。警察に所属もしくは警察官が変身する仮面ライダーは過去にも存在したが、警察官が主人公となったのは初めてである [5] 。 ストーリー形式は過去の作品と同じく前編と後編の2話完結で1つの事件を描くスタイルであるが、エピソードによっては1話完結のストーリーを前振りとして次の2話に繋げる事実上の3話構成(第9〜11話、20〜22話)や、1話完結の事件2つを合わせて1つのエピソード(第12・13話)を構成する場合もある。全体としては、第24話までが第1部 [6] 、第36話までが第2部(警察編 [7] )、第37話以降が最終シリーズ(ロイミュード編 [7] )と大きく区分されている。またメインのストーリーは第47話で完結し、最終話(第48話)は次回作『仮面ライダーゴースト』とコラボした特別編 [8] [9] として位置付けられている。 本作品の企画立案に当たっては、主人公に単独ヒーローとしての「強さ」を持たせることや、前作との差別化となる「メカニカル感」な要素が重視され、「自動車」や「刑事」といったモチーフが選ばれた [10] 。 メインライターの 三条陸 は車を魅力的に見せるために、仮面ライダーと対等以上の存在として描く必要があると考え、第1作『 仮面ライダー 』初期の 仮面ライダー1号 と サイクロン号 のようにマシンがなければ変身出来ないなど、自動車を仮面ライダーの重要なバディとして位置づける [11] 。また企画段階から、アメリカのカーアクションドラマ『 ナイトライダー 』が意識されている [11] [12] 。三条やプロデューサーの大森敬仁は、マシンに乗るヒーローは王道であると考えているため、周囲から「車にしか乗らない仮面ライダー」が斬新であるという声が多く驚いたという [11] 。

ロックマンエグゼBEAST

配当成立の連続でペイラインが最大本まで成長する連チャンスロット「Wild Chase Tokyo Go(ワイルド・チェイス・トウキョウ・ゴウ)」が、クイックスピン社(Quickspin)から誕生。 クイックスピン社(Quickspin)から、年のスロット「The Wild Chase」の後継スロット「Wild Chase Tokyo Go(ワイルド・チェイス・トウキョウ・ゴウ)」がリリースされました。 前作のマルチプライヤーやボーナスステージという構成とは変化した、変動ペイラインと、継続固定スピンで配当増加がある連続配当が魅力のゲームになっています。 東京が舞台となったゲーム背景には、「コンタクト」や「グリル」「銀行」など、東京の街並みをイメージされています。

【Wild Chase Tokyo Go】ワイルドチェイスの後継機登場。東京を舞台にリスピンスロットで配当を伸ばそう。

14 40 1 23 12. 13 8 beatmania IIDX 1 5 1 61 7 30 15 1 FAIRY TAIL 12 6 5 6 BLAZBLUE 10 Baby Princess 12 13 Free.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*