ビットコイン(BTC)には税金がかかる?納税はどうなる?

勝った後の税入金ビットコイン - 557285

マイニングに参加し、報酬として暗号資産(仮想通貨)を受け取った場合には、報酬を受け取ったときの時価から、マイニング等に要した費用を差し引いた金額が課税の対象になります。 暗号資産(仮想通貨)で買い物をしたときや、他の暗号資産(仮想通貨)と交換したときは、ちょっとややこしい計算が必要になるケースもあります。そんなときは、「持っていた暗号資産(仮想通貨)を売却し、そのお金で購入・交換した」と考えると分かりやすいでしょう。 また、税金は暗号資産(仮想通貨)に対する税金を含め、他の所得と合算して計算します。そのため、それぞれの取引の履歴や交換時のレート、買い物で受け取った領収書などをもとに、取引ごとの損益をまとめておくことが大切です。

この相談に近い税務相談

仮想通貨でオンラインカジノへ入金し、オンラインカジノで勝った場合税金はどのようにかかりますか? その後仮想通貨のまま持っています。 仮想通貨は購入して売却するまで税金かかりませんよね?オンラインカジノで増やした後、仮に仮想通貨から円に買えたら時点で始めて税金かかるのでいいですか? その場合は雑所得の申告だけすればいいですか?オンラインカジノは仮想通貨でやってるわけですから、ゲーム上のお金やポイントを使ってゲームをしてるようなものですよね? この場合、 仮想通貨でベットした時点でその時点の時価と買った時の価格との差 勝ったときはこの時の勝ち分 に税金がかかります。 仮想通貨の儲けは雑所得 カジノの勝ち分は一時所得 となり、両者の損益は相殺できないかとおもわれます。 ご参考になれば幸いです。

仮想通貨の利益は確定申告で納税する

ビットコイン(仮想通貨)に関して生じた利益は、原則として、雑所得に区分されることになります。 雑所得は、他の所得(給与所得など)などと合算して所得税を計算する総合課税制度(累進課税5%~45%+住民税10%)が適用されます。

すぐに税理士が必要な方はこちら

私がこれまでに提唱してきた様々な格安セレブ術が成立するのは、世の中が経済的に不合理な仕組みで満ちているからである。そこで今回は、現在の世の中で一番経済学的に不合理なものとの付き合い方を紹介しよう。 仮想通貨の「ビットコイン」 である。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*