外貨両替はインターバンク マカオの街中で両替をしようとした時のトラブル|ドル/ユーロ/ウォンなどの換金・両替 レート

出金マカオでの両替 - 462379

旅行は香港・マカオの計画で、マカオには香港から入国しました。事前に「地球の歩き方」を確認していましたが、マカオはパタカが流通しているものの、カジノ等の盛り場では香港ドルが流通しているため、パタカを持ち込む必要は無いと記載がありました。 しかしながら、心配性の私は少しはあったほうがよいと考え、入国後に外貨両替をしようと計画していました。

マカオ格安外貨両替比較2019。20ヶ所で調査→おすすめはココ

マカオの通貨単位はパタカ(MOP)とアボス(avos)で、MOP1はavos 。紙幣は、MOP10、20、50、、、がある。2つの銀行が発行しており、それぞれ図案は異なる。硬貨は、avos10、20、50とMOP1、2、5、10があるが、avosの使用頻度はさほど高くない。マカオパタカは香港ドルとほぼ同価で、マカオでは香港ドルも流通している。香港ドルで支払った際にも、おつりはパタカで戻ってくることが多い。 両替できるところ PLACES TO EXCHANGE 香港ドルが使えるため、短い滞在なら両替の必要はないだろう。両替する場合は、銀行やホテル、フェリーターミナルなどにある公認の両替商で行う。日本ではパタカから日本円への両替ができないので、マカオ滞在中にパタカを使いきるか、紙幣が余ってしまった場合は、マカオで日本円に両替しておくとよい。また、香港でパタカは使用できない。 歴史市街地区 頃〜頃 ツーリストインフォメーション 〜(セドナ広場) 郵便局 〜(土・日曜、祝日休) 銀行 〜(土・日曜、祝日休) バス 〜頃 レストラン 〜頃 ショップ 〜頃 ショッピングモール 〜頃 コンビニ 24時間営業 カジノ 24時間営業。 飲酒 DRINKING マカオでは、お酒を飲んで盛り上がる習慣があまりない。泥酔して人前で騒ぐといった行為をしないよう、気をつけたい。ポルトガル料理レストランやホテルのレストランにはワインも置いてあり、気軽に注文できる。 喫煙 SMOKING 喫煙規制は他国に比べて比較的ゆるめだが、年1月から、ホテル(客室は分煙)、飲食店、バーやナイトクラブ、デパート、バスターミナル、公園などの公共施設は全面禁煙になった。カジノの一般フロアも禁煙。禁煙場所で吸うと罰金刑が科せられる。また歩きたばこはマナー違反なので、街なかにある喫煙所で吸わなければならない。

両替しないでカジノ!その現金、ホールドします!

マカオのATMで香港ドルを預入れして帰国したいのですが・・・

マカオは、カジノで訪れる人も多いので、他の方のブログなどでも少しずつ情報がありました。でも、これまた香港と同じで、「カジノのレートが良い」とか「銀行のレートが良い」とか、 マカオでも情報が錯綜 しています。

マカオのATMでキャッシング|パタカも香港ドルも両方OK。利用方法と注意点を写真付きで解説

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 華やかなカジノと30もある世界遺産で魅力を放つマカオ。以前は香港からの日帰り旅行で訪れるような場所でしたが、日本からの直行便や個性的な大型リゾートの出現によって、マカオのみの滞在を目的とした旅行者も増えつつあります。 東西の文化がミックスされたマカオでは香港ドルが使えるなどちょっと不思議なお金事情が。今回はマカオでおすすめの両替方法や実際に香港ドルはどのくらい流通しているのかなどをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)。 続いて日本円からパタカへ両替できる場所をざっとご紹介。 ・マカオの空港 ・マカオのフェリーターミナル ・マカオの銀行 ・マカオの街の両替所 ・カジノ ・ホテル パタカは基本的にマカオでしか両替ができません。両替の手数料はレートに含まれていることがほとんど。1円でよりたくさんのパタカを買えるところが「レートがいい」ということになります。 では上記のなかでお得に両替できる場所は… 「マカオの銀行」です。 空港やフェリーターミナルよりもお得に両替できるのがマカオの銀行。なかでも中国銀行や大豊銀行が比較的レートがよいと言われています。 ただ、銀行は平日のみで営業時間も短いという制限が。空港到着が遅い時間だったり、土日を含んだ旅行日程だったりする場合は、銀行での両替はほぼ不可能に近いですね。 銀行に次いでレートがよく、いつでも両替所できる所となると、それは「カジノの両替所」。老舗のリスボア、コタイ地区のギャラクシーやパリジャンなど、大型リゾートには必ずあるカジノは24時間営業。到着便が夜遅くても初日にパタカを手に入れられます。 ホテルに来るまでの交通費が気になるところですが、玄関口であるマカオ空港やフェリーターミナルからは主要ホテル行きの無料シャトルバスが常時運行。とりあえずホテルまでは現金を使わずに来ることができます。シャトルバスがないホテルに宿泊の際は、空港かフェリーターミナルでタクシー代分だけ少し両替して、残りはカジノで行うという方法がよいでしょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*