Eスポーツ大会の高額賞金が「グレー」な理由

超高額賞金イベントフェイスブックゲーム - 168899

たとえば昨年開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグではシーズン3から日本を含めたアジア4地域からの参加が可能になりました。しかし、「日本チームが優勝した場合、日本の法律の都合上、賞金を受け取ることができません」というただし書き付きです。日本のeスポーツ大会では高額賞金が出せないというのが、業界標準になってしまっているようです。

立ちはだかる法律の「壁」をクリアできるか

メモ入力 閉じる。 キャンセル 完了。 優勝した、よしもとLibalentの「ふぇぐ」選手 優勝トロフィーを掲げる「ふぇぐ」選手  国内のeスポーツ大会では史上最高額となる優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)をかけた世界大会が15、16の両日、幕張メッセ(千葉市)で開かれた。初めて大台を突破する決勝の舞台は観客の興奮に包まれ、「eスポーツ」が流行語になった2018年の締めくくりにふさわしいビッグイベントとなった。 twitter facebook line mail。

2. ゲーム大会に対する景表法適用判断

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*