【ラスベガス】得をする両替所、損をする両替所

日本円送金ベガスカジノ - 534477

ラスベガスへ旅行に行くと、日本とは違ってキャッシュレス化が進んでいて少額でもクレジットカードで精算することが多いことに気付くでしょう。しかしラスベガスのカジノ内では現金でのやり取りが多いです。そのため 日本円をドルに換えて持ち歩く必要があります が、両替をする場所によってレートは変わってきます。ほとんどの場合両替を行ったときにレシートをもらいますが、再両替をお願いするときにレシートの提示をするよう求められることがあるので、両替時にもらたレシートは捨てずにとっておきましょう。

ラスベガスで旅行中にジャックポットが当たった!

ラスベガスは究極の エンターテイメントシティ 。カジノだけではなく、観光中は お金を使う場面 がたくさんあります。 アメリカでは クレジットカードを メインで使おうと考えている人も、ラスベガスではチップをはじめ、あらゆる場面で現金は必要! そもそも 日本円からアメリカドルへの両替 は、日本とアメリカのどちらでするのがお得なのでしょうか。ラスベガス旅行に出かける前に知っておきたい両替の基本知識を紹介します。 日本円をアメリカドルを両替する場合、一般的にはアメリカ現地よりも 日本で両替するほうがお得に なります。その理由はいたって簡単。アメリカドルは世界的に通用する通貨なのに対し、日本円は主に日本でのみ使える通貨なので、 アメリカ国内では日本円の価値が下がってしまう ためです。 最も避けるべきなのはアメリカの空港での両替 。日本で両替したときと比べて、10,円を両替したときに受け取れるドルの価値で 円ほどの損 をしてしまいます。 上記で紹介したように、米ドルへの両替は可能であれば 日本での両替がベスト ですが、ラスベガスで現金が足りなくなった場合には、 現地で両替 する必要が出てくる場合もあるでしょう。

賢いカジノ資金の持ち運び方

カジノに行くと、テーブルゲームとスロットマシンなどの電子ゲームの2種類のカジノゲームが用意されています。 多くの場合、一攫千金を手にするのは、後者のスロットで遊んでいる方になります。スロットは、50セント程度から賭ける事ができ、ジャックポットと言われる、一番確率の低い絵柄が揃えば、1000ドル〜1000万ドル以上の賞金を一発で獲得できるのです。 これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、スロットマシンを遊んで、ジャックポットを当てて、1200ドル以上の勝利をした場合のみとなります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1200ドルと覚えておけば大丈夫です。 テーブルゲームやスロットの通常の配当でも、積み重ねれば、1200ドル以上の勝利を手にする事はあると思います。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりませんし、スロットは、現金がそのまま出てくるので、勝利金額の証拠がありません。この様な「遊びの習慣」は管理できないから、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると予想できます。 ジャックポットが当選すると、スロットマシンがフリーズして、画面に「Jackpot Call Attendant」という表示が現れます。 「ジャックポットが出たので、従業員を呼んでください」という事です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*