「観光型」で勝負 和歌山のIR誘致 仏大手も関心

投資マリーナシティカジノ - 438466

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致 を目指す大阪府と大阪市は、 夢洲を軸とした大阪市内ベイエリアを候補地として推進してゆく 事を決定、東京五輪が開催される2020年までの一部開業を目指すそうです。 カジノ誘致は「夢洲」軸に調整 鉄道延伸も検討 大阪府・市。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 この記事は 有料会員記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

横浜市の林文子市長は22日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に乗り出すことを正式に表明した。 一部省略 誘致表明は大阪府・市と和歌山、長崎両県に続き4カ所目。さらに北海道や東京都、千葉市なども誘致を検討している。 「横浜の飛躍にIRが必要」正式に誘致表明 産経新聞 年8月22日。 和歌山県IR基本構想 PDFデータ。 こちらのページにある 和歌山県IR基本構想 PDF が分かりやすい資料になっています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*