8億円以上をカジノの「ルーレット」で荒稼ぎした学者が見つけた驚きの攻略法とは?

ルーレット攻略ジュネーブカジノ - 986792

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。

98.48%法(2/3ベット法)を50ゲーム行った検証結果

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

ルーレット攻略ジュネーブカジノ - 655030

バナー・ベラジョンカジノ

アメリカンとフレンチ(ヨーロッパ)の違いは、「00」を含むか含まないかの差 で、単純に考えれば、38分の1と37分の1であれば、37分の1の方が、当たる確率は高くなります。 ディーラーがウィール(回転盤の事)の中で、ボールを指で弾いて回し、 「ノーモアベット(No more Bet)」と言うまで、追加したり減らしたり、動かしてOK。制限は無いので、何カ所賭けても構いません 。 ウィール(回転盤)を4等分して、確率を4分の1に絞り込んで賭ける攻略法 を、シフトベットと呼び、ストレートアップ(36倍)のみ、又はスプリット(18倍)を組みわせていきます。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

GIGAZINE シークレットクラブって何? by amespiphoto そこでJarecki氏は仕事以外の時間をカジノルームで過ごし、ひたすらルーレットのテーブルに張り付いて何千回ものゲームを見届け、ボールが入ったポケットを手動で記録しました。これによってJarecki氏は統計的な異常値を発見し、特定のパターンでボールが入りやすいポケットを特定することに成功したそうです。 なお、ボールが入りやすいポケットを突き止めるというJarecki氏の発想は世界初のものではありません。過去には年代にカジノを荒らした Joseph Jagger 氏や、ラスベガスのルーレットに偏りを発見して大金を稼いだ Albert Hibbs 氏など、何人かの先駆者がいました。一方でJarecki氏はお金が目的でルーレットの攻略を行ったのではなく、あくまでも「完璧なシステムを構築して繰り返し試行することでルーレットを攻略する」ことに焦点を当てていたとのこと。 何カ月分ものデータ収集を行ったJarecki氏は、ドル 現在の価値で約9万円 ほどを持ってルーレットに挑戦。データから構築したシステムに従って賭けを行った結果、わずか数時間でドルをドル 現在の価値で約万円 ほどに増やすことに成功しました。 by Pictures of Money 年台の半ばにドイツの ハイデルベルク大学 で研究ポストを得たJarecki氏は、今度はヨーロッパの高級カジノをターゲットにルーレットの分析をスタートしました。ヨーロッパのルーレットはポケットの数が37個であり、38個のポケットがあるアメリカのルーレットよりもオッズがよく、賭け金のうちから徴収するカジノの取り分もアメリカのわずか半分だったとのこと。 Jarecki氏は妻のCarol氏と一緒にモナコ、フランス、ドイツなどヨーロッパ中のルーレットを探しだし、8人もの記録係を雇ってルーレットの試行と結果を蓄積していきました。時には1カ月あたり2万もの試行を記録したそうで、綿密な準備期間を経てJarecki氏はルーレットの法則を見つけ出していきました。 世間がコンピューターの作り話を真に受けている間も、Jarecki氏はルーレットに関する分析を止めることはありませんでした。ルーレットで儲けたお金でイタリアの サンレーモ に高級住宅を購入した後も、時々カジノに繰り出してルーレットをプレイする生活を送ります。年の春には3日間のうちに4万ドル 現在の価値で約万円 を稼ぎ、その8カ月後には1週間で19万ドル 現在の価値で約1億万円 を稼ぎ出すなどして、カジノオーナーたちを恐怖させました。Jarecki氏はカジノのオーナーから15日間の出入り禁止令が言い渡されることもあったとのこと。 Jarecki氏に対抗するため、カジノオーナーたちはルーレットの回転盤を入れ替えるなどの対策を取りました。しかし、Jarecki氏も回転盤が入れ替えられる可能性を考慮しており、対策として回転盤のあらゆるひっかき傷やひび、変色などを記憶していたため、すぐに目当てのルーレットを探し出すことができたそうです。 カジノオーナーのSignor Lardera氏は、「ヨーロッパの全てのカジノにとって、Jarecki氏は脅威です」「Jarecki氏がどうやってルーレットを攻略しているのかはわかりませんが、もし彼が2度と私のカジノに現れないのであれば、それは非常にラッキーです」と、新聞のインタビューにコメントしています。やがてJareckiの攻略法に気づいたカジノオーナーたちは多額の資金を費やしてルーレットを新調し、ようやくJarecki氏の快進撃を止めることに成功したとのこと。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*