賞与(ボーナス)にかかる厚生年金の保険料ってどう計算されてる?

ボーナスカード控除率 - 889126

ボーナスには健康保険料、厚生年金保険料、そして40歳から64歳の「介護保険第2号被保険者」に当たる場合は介護保険料の合計3種類の社会保険料が課されます。賞与にかかる保険料の額は、賞与額から1,円未満の端数を切り捨てた額(標準賞与額 に、保険料率を乗じたものとなります。

昔はボーナスから社会保険料を払わなくてもよかった!?

この記事では、ボーナスから源泉徴収される税金などにどんな種類があり、 所得税はボーナスの額によってどう変わるか、どんな場合に還付金があるか を分かりやすく解説します。 それを知るには、まずボーナスから引かれるお金の種類と額を知っておく必要があります。 ボーナスから源泉徴収されるのは、社会保険料と所得税 です。 この 4つの社会保険料を合計すると15。 このような問題や不公平を解決するために年に導入されたのが 「総報酬制」 です。月給からもボーナスからも同じ税率で社会保険料を差し引くことにしたのです。

ボーナスカード控除率 - 867404

ボーナスから源泉徴収されるお金の種類と額は?

会社からもらうボーナスは、支給額がそのまま手取りになるのではなく、そこから税金や社会保険料が引かれます。このように、ボーナスから税金や社会保険料を引くことを 「控除」 といいます。ボーナスから控除されるものを、具体的に見ていきましょう。 はっきり数字がわかっている税金や社会保険料をざっと計算しただけでも、 約15% はボーナスから引かれます。これだけでも、50万円のボーナスだと約75,円は引かれるわけです。 それでは実際に、ボーナスからどれだけの金額が天引きされるのか、計算式にてシミュレーションしてみましょう。ここでは、国税庁ホームページに掲載されている「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表 平成30年分 」を参考に、下記のモデル例でボーナスの手取り額を計算してみます。 実際に計算してみると、「社会保険料が高すぎる」と思った方は、多いのではないでしょうか。実は、このようにボーナスからも社会保険料が天引きされるようになったのは、平成15年に社会保険料が 「総報酬制」 に改正されてからなのです。

ボーナス(賞与)から天引きされる税金、社会保険料はいくら?

お使いのブラウザはJavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効の状態ではコンテンツが正しく表示されない可能性があります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*