解禁後初、オンラインカジノの営業を4事業者に認める

トップスイスのカジノ - 594336

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

以下は、最も評判スイスのカジノの私たちのリストを見つけることができます。 これらのオンラインカジノのそれぞれは、支払いおよび顧客サービスの速度を公平性のための私たちの厳しいテストに合格しています。 すべての私たちのスイスのカジノは、預金を受け入れ、CHFで支払いを行います。 あなたのお金を %MATCH あなたの最初の預金の PLUS Get 無料スピン。

IR*ゲーミング学会

外国企業 誘致。 スイス連邦参事会(内閣)は6月7日、バーデン、ダボス、ルツェルン、プファフィコンにあるカジノの事業者ライセンスの範囲に関して、新たにオンラインカジノゲーム事業を運営できるよう拡大した旨の 声明 を出した。スイスのゲーム事業者によるカジノゲーム(ポーカー、ルーレット、ブラックジャック)のオンラインでの提供を認める年1月施行(条文の一部は7月1日施行予定)の賭博法に基づいて行った措置だ。提供予定のゲームについては、連邦ゲーム事業者監督委員会(CFJM)による承認を得られ次第、オンラインでの提供が可能となる。 スイスでも、ギャンブル中毒対策や各種賭博サービスの課税の要否、不正防止など公正性の確保が課題となってきた。年3月11日の国民投票で公共サービスとしての賭博の規制をめぐる憲法改正が可決されたことを受け、年に法案が起草され、年9月に 賭博法 として連邦議会で可決された。年6月10日、同法に対する国民投票が行われ、72。 スイス国内および近隣のカジノ産業は、ギャンブル中毒への批判や、外国の事業者が提供するオンラインカジノとの競争にさらされており、衰退傾向にある。「トリビューン・ド・ジュネーブ」紙は、ジュネーブ州内唯一のカジノ「メイラン カジノ」の年の売上高が前年比0。

カジノ規制改正の背景

このカジノでは、フルタイムまたはパートで82名が働いている。職種は、クルピエ(ディーラー)というテーブルゲームのホスト、スロットマシーン案内係、会計係、警備員、監視係、受付、そしてレストランやバーの従業員である。カジノ従業員になるための特別な資格は特にないが、クルピエだけは、ヴァレー州サクソン(Saxon)にあるクルピエ養成学校「Casino Formation」を卒業していなければならない。 chのウェブサイトが生まれ変わりました。スイス公共放送協会(SRG SSR)のグループ会社として、10カ国語でニュースを配信する私たちswissinfo。 案内されている間、ふと上を見ると、万スイスフラン(現在のレートで約1億万円)と数字が電光掲示板で表示されており、その数値は刻々と上がっていた。ティエリーさんの説明によると、これは「ミステリー・ジャックポット(Mystery Jackpot)」と呼ばれ、施設内すべてのゲームで賭けている人を対象に、この金額が思いがけなく賞金として与えられる可能性があるという。私がスロットマシーンで遊んでいたのはほんの10分ほどだが、その間にもミステリー・ジャックポットの賞金は万フラン台に上がっていた。 この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、 community-feedback swissinfo。 ch に連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*