セブ島でカジノ体験!初心者にも分かる!ルールやゲーム紹介

スクラッチゲームセブ島新カジノ - 587572

フィリピンは発展途上国と表現されることもありますが、カジノが合法化されており多数のカジノを持つれっきとしたカジノ大国です。 セブ島の通貨はフィリピン通貨である「ペソ」が使用されていて、だいたい2万~3万ペソ(日本円4万~6万円)あれば存分にカジノを楽しむことができるでしょう。

バーチャルツアー、アートワーク展、ディスカバリーの歴史、世界の文化的なオンライン。

引用元:World Casino Navi。

[比]マニラ以外で初 – 総合カジノリゾート建設承認

アジアの人気リゾート地 として名を上げる セブ島 。太陽のもとで存分に遊んだ後の おすすめの夜のアクティビティが『カジノ』 です。せっかくの旅行なので、普段日本ではできないことを気軽に体験してみましょう。 セブ島のカジノは他の国のカジノに比べて 非常に入りやすい雰囲気 です。カジノの本場として知られるラスベガスよりも、入場の際の 規制や館内でのルールなどが緩く 、気軽に楽しむことができます。 セブ島のカジノの年齢制限は、 男性は21歳以上 、 女性が18歳以上 と定められています。また、 入口でパスポートの提示を求められることもある ので必要に応じて、パスポートを持ち歩くようにしましょう。 セブ島のカジノは賭け金の下限がない ので、ここでも 初心者の挑戦のしやすさ を感じます。 10ペソ(日本円20円程度) から、ゲーム感覚で始めてみてはいかがでしょう。

フィリピンセブ島のカジノを紹介します

フィリピンでのギャンブルは16世紀以来存在しており、今日もなおこの国で普及しています。 現在、群島のほぼ全域で見つかっているさまざまな法的および違法な形態があります。 政府は、チャンスゲームの規制と運営を目的としたフィリピンのアミューズメント・アンド・ゲーミング・コーポレーション(PAGCOR)を通じたギャンブル、政府資金の創出を担当していますが、特定の形態のギャンブルを扱ういくつかの公的機関と民間機関もあります。 特に、PAGCORの下で賭けるカジノは、国の観光と収入にとって不可欠です。 フィリピンにはマカオよりも多くのカジノがあり、メトロマニラだけで20名が見つかりました。 起源 スペインの植民地化以前でさえ、ギャンブルはすでにフィリピンにあると言われています。 列島で最初にギャンブルが行われたときには正確な記録はないが、16世紀後半に中国人によって導入された可能性がある。 両国の近さのために、多くの現地人の中国人は、ビジネスと利益のためにフィリピンに行き、異なる取引や活動に従事する。 フィリピンへのマゼランの航海で、年に船がパラワンに到着したときに、賭けがコックで行われていることを、すでにアントニオ・ピガフェッタの口座で確認していた。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*