【千葉】森田健作知事「冗談じゃない!」「頭にきて眠れなかった」 羽田ハブ空港化に激怒★4

ドルボーナスチャンス森田健作カジノ - 406537

の舛添要一知事 =4月12日、米ニューヨーク市一、外交をするべからず 外交は政府の専権事項であり、 地方自治 体が口を差し挟むべきものではない。 地方自治 体が行うのは国際親善であり、それはあくまでも政府が設定した土俵の上での話だ。都知事が勝手に反日国家にいって、変な約束をするなどもってのほかである。 舛添氏は「都市外交」なるものに凝っていた。しかし、これは完全に間違いだった。特に韓国人学校への土地提供をめぐっては多くの人が疑問を持った。あの時は持ち前の知力とメンタルで乗り切ったが、あれこそがミソのつきはじめだったことを忘れてはならない。二、公用車を私用に使うべからず 公用車は公用のために使う者であって、プロ野球の観戦などに使うものではない。何が公用で何が私用か分からないのであれば、最初から乗らない方がいい。東京都には都営バスもあるし都営地下鉄もある。トップが自社製品、サービスのクオリティを随時チェックするのはビジネスの世界では当たり前の話だ。 もちろん、これに関連して「湯河原に別荘は持たない」といった派生的な戒めもいろいろと書けるが、紙幅の関係でとりあえずこれだけに留めておく。一事が万事である。三、 政治資金を私的に流用するべからず 政治資金は政治活動に使うべきものであって、高級ホテルでの家族旅行や、子どもの本や、美術品や、チャイナ服などに使うものではない。出版社の社長との打ち合わせは私用であって、政治活動ではない。何が政治活動か判断できないなら、その資金は恵まれない人々に寄付すればいい。むしろ、その方が話題になって政治活動にはプラスになるのではないか? 一言で言えば、「李下に冠を正さず」である。「違法ではないが不適切」などいう言い訳をもう二度と都民は聞きたくない。そもそも、法律に違反しなければ何をしていいというわけではないのだ。そんな常識の欠如はある種の思考停止である。法律や憲法の条文を生かすも殺すも、それを解釈する常識である。目に見えない、どこにも書いていない日本人の常識は歴史に宿っている。韓国人学校の問題から垣間見える舛添氏の歴史認識は極めてお粗末だったと言わざるを得ない。 私が挙げた三戒はあくまでも最低限の話であり、問題はこの三戒の背後にある守らねばならない常識である。新しい知事にはそれを共有できる人を望みたい。

シンガポールのカジノ

投稿内容 タグ ブログタイトル ウェブ全体。

ドルボーナスチャンス森田健作カジノ - 588725

カジノニュース~最新カジノニュース大特集!カジノ法案・カジノ合法化や日本のカジノ関連ニュースだけでなく、韓国・マカオ・シンガポールなどのカジノ情報、今流行のオンラインカジノ情報も満載!

言うまでもなく、アベノミクスは 1 大胆な金融政策 2 機動的な財政政策 3 成長戦略の3本の矢からなる。 1 と 2 に関してはすでに進行中だが、インバウンドの増加は、 3 の柱の1つに位置づけられる。今年6月には「本年に訪日外国人旅行者数万人を達成し、さらに万人の高みを目指すとともに、年には万人を超えることを目指す」という内容の、インバウンド目標を閣議決定した。 カジノを擬似体験する超党派の議員たち(中央は野田聖子衆議院議員)。 もちろん推進法の成立で、いきなりカジノ解禁というほど単純ではない。推進法はあくまで大枠の方向性を示すものでしかなく、2年以内にカジノ実施法を成立させる必要がある。実施法は内閣法となる見通しで、関係省庁が詳細を詰めて作成し提出するという流れとなるのだが、推進法と違って、実施法がすんなり国会を通る保証はどこにもない。 何より大事なのが、周辺の道路整備などは別として、カジノ建設や運営に、自治体は一切お金を出さなくていいということだ。財政難の自治体にしてみれば、是が非でも誘致したいところだろう。 他稿でも触れたが、日本で最初にカジノ誘致に手を挙げたのは東京都だ。石原慎太郎氏が都知事に初当選した年にお台場誘致構想を発表している。その後、いったん石原氏はこの構想を取り下げるのだが、カジノ解禁の機運とともにお台場構想は復活。猪瀬直樹都知事もカジノ誘致に意欲を見せている。 以上見てきたように、日本全国で誘致合戦が起こっている。いまのところ、カジノ解禁になっても認可されるのは2カ所程度だろうと言われている。その椅子を、10以上の自治体が競うことになる。 「でも実際には、ほとんど決まっているんですよ」 と打ち明けるのは、IR議連関係者だ。「東京・お台場がまず確定。もう1カ所となると沖縄が最有力」だというのである。

オンラインカジノ最新情報

うるせえ剣道バカ。国益かどうかは国民みんなで決めることで、 当事者がアピールすることじゃないだろ。さっさと6千メートル 滑走路でも作ってみろよ。誰だって成田を国際ハブにするぜ。 今までの経緯を考えれば腹が立つだろうけど、 利便性考えれば羽田にするしかなかろう。 まぁ、羽田も地元が反対するだろうけどね。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*