トランプゲームの定番ブラックジャック:ルールから必勝法まで

合計勝利金額人気のトランプゲーム - 427959

バカラの勝敗は、プレイヤーとバンカーどちらの下一桁が9に近いか?で決まります。例えば プレイヤー:「6」「2」 バンカー :「3」「4」 の場合はプレイヤーが「8」、バンカーが「7」となりプレイヤーの勝ちです。カードの点数ですが、A〜10まではそのままの数字でカウントし、絵柄は全て0になります。 実際のゲームの流れは。

関連記事(一部広告)

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。 以下の写真で言えば、手前がディーラー側で、指が見えているほうがプレーヤー(客側)、赤く見えるものがプレーヤーが置いた賭け金、そして「 ハートのQ 」がディーラーのアップカードということになる。

ブラックジャックのルール

トップページ TOP。 収録ゲーム一覧 GAMES。 よくあるご質問 FAQ。

初心者にも分かるブラックジャックのルールと遊び方

ブラックジャック(Blackjack)はトランプを使った、オンライン・ランドカジノ共に大変人気のある カジノの定番ゲーム です。ゲームはディーラー対プレイヤー形式で行われ、手札の合計がより21に近い方が勝つという、ルールはとても簡単ながらも、攻略法が多く存在する奥が深いゲームです。 ブラックジャックはディーラー対プレイヤー形式で行われ、 配られたカードの合計を相手よりも21を超えない範囲で21により近づけた方が勝ちとなるゲーム です。 一見、お得に見えますが、ディーラーがブラックジャックだった場合、自動的に負けが決まるため、最初に賭けた金額は没収されます。つまり、 インシュランスで勝ったとしても、最初の賭け額がプラマイゼロになり、さらにインシュランスの賭け金は戻ってこない ため、おすすめできません。さらにアップカード「A」の場合ブラックジャックになる確率が高いのはもちろんですが、それでも確率は13分の4(10、J、Q、K)です。 インシュランスの例) 最初に10ドル賭け、その半分の5ドルをインシュランスで賭ける。 ディーラーがブラックジャックだった場合、最初に賭けた10ドルは没収、そしてインシュランスの5ドルが2倍の10ドルとして支払われるが、インシュランスの5ドルは戻ってこない。このためマイナス5ドル。

その他のカジノで遊べるおすすめのトランプゲーム7選

トランプゲームの面白いところは、ほかのカードゲームやボードゲームと違い 1人でも楽しめる ことです。 これらの 制限がある中で 、 どれだけ早く4種類のカードを揃えられるかタイムを競う のも楽しみ方のひとつです。 攻略の鍵は、 列の一番後ろになるカード【K】を場札の置かれていない列に配置する こと。 昔から愛されている定番ゲーム です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*