Eスポーツの大会とは?賞金は最高11億円!

超高額賞金イベントに一番人気のゲーム - 536367

gamescom stage crowd view hearthstone。

人気ランキング(スポーツ)

優勝したあ選手に与えられた賞金は50万円。これは他のeスポーツ大会と比べるとけして高額ではないが、「ドラゴンクエストライバルズ マスターカップ in TGS」には、他とはちょっと違う副賞が用意されていた。 あ選手には、Nintendo Switch版『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』、Nintendo Switch版『ドラゴンクエストXI S ロトエディション』といったゲームソフトが贈呈されるのみならず、オンラインゲームである『ドラゴンクエストX』のゲーム内で使用できる通貨・1億ゴールドが贈呈されたのだ。

高額化する賞金 現行法のまま環境整備

eスポーツとは 「エレクトロニック・スポーツ electronic sports 」の略称。 PS4・Nitendo SwitchなどのコンシューマーゲームやPCゲーム、スマホゲームで競技することを指します。 代表的なタイトルは「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」や「Dota 2」で、世界大会の視聴者数は1千万人をゆうに超えます。 最近では「フォートナイト(Fortnite)」が賞金総額30億円を超える世界大会を開催し、16歳の少年が優勝賞金万ドル(約3億万円)を獲得したことで、さらに注目を集めました。 もっとも古くに開催された全国規模のゲーム大会は、年に日本で行われた 「セガTVゲーム機全国コンテスト東京決勝大会」 と言われています。 またゲームで賞金を獲得する「eスポーツ」の原点とされる大会は、年にアメリカで設立した「サイバーアスリート・プロフェッショナル・リーグ(以下:CPL)」といわれており、この大会で採用されたゲームは「Quake」というフル3DのFPSでした。 出典: 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 IBARAKI。

個人戦最高賞金額はいくら?

メモ入力 閉じる。

ハースストーン 総額100万ドル(約1億800万円)

eスポーツ eスポーツコラム ゲーミングPC オリンピック。 この大会では、ジャンルMOBAのDOTA 2(団体戦)が行なわれました。優勝したのは多国籍メンバーで構成されたのプロeスポーツチームです。このように、最高賞金総額27億円という夢のような金額をゲームで稼ぐことが出来るのです。 MOBAとは、マルチプレイヤーオンラインアリーナ(Multi player Online Battle Arena)の略称で、2つ以上のチームで行なわれるRTS(リアルタイムストラテジー)ゲームを指します。リアルタイムで変化するゲームフィールドにおいて、魔法やスキルなどを使って相手チームと競うゲームです。DOTA 2以外で有名なタイトルでは、「LOL(League Of Legends)」などがあります。 先ほど紹介した「The International」では、DOTA 2を競技ゲームとして採用していました。実は、世界の賞金総額TOP4までは、このDOTA 2が占めていることをご存知でしょうか?そして、この「The International」こそ賞金総額TOP4にいる大会だということも付け加えておきましょう。 eスポーツで一攫千金を狙うのではあれば、この「The International」を目指すのが最も近いかも知れませんね。ちなみに「The International」は、年々賞金額が上がっており、は20億円、年は22億円、年は27億円となっています。年は30億円の大台にのるのではないかともいわれています。eスポーツ市場が大きくなって大会スポンサーが増えれば不可能ではない数字です。

超高額賞金イベントに一番人気のゲーム - 368938

【フォートナイト】Mongraalたちがデュオ決勝大会でだましうちの被害に!EUの最強猛者が集う高額賞金のストライドカップがすごすぎた…【Fortnite】

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*